日本で唯一のBROWTIST検定試験について

0800-111-2860

受付時間:平日 10:00〜17:00

TEL MENU

BROWTIST EXAMINATIONBROWTIST検定試験について

istaのブロウティスト検定試験Browtist Examination

認められてはじめて名乗ることを許されるBROWTIST®

ブロウティストと名乗ることができるのは、JAPAN BROWTIST SCHOOLの検定試験にて、
深い知識と⾼い技術⼒を必要とするスリースター(★★★)以上を獲得した⽅のみ。
ブロウティストを名乗ることは、眉形成のプロフェッショナルであり、最⾼峰の技術を持つことの証です。

※現状、検定試験の受講資格を得られるのはistaのカリキュラム受講者のみです。
WILLBROWの検定試験は近⽇開始予定です。

信⽤と信頼の証「技術証明書」License

『信⽤と信頼の証』を⾒えるカタチで

JAPAN BROWTIST SCHOOLでは、定められた講習過程を修了し、検定試験にて履修内容が⾝についていることが証明されると技術証明書を発⾏いたします。客観的な評価基準をクリアした信⽤と信頼の証を得ることで、⾃信をもって活躍いただくことができます。

スター昇格制度
〜さらなる高みを目指す〜License

さらなる高みを目指す
新しい技術を習得し、ひとたび現場に出ると、自分の実力の程度が見えなくなったり、自信を失いそうになった経験は、優秀な美容技術者なら誰もが通る道。選ばれ続ける技術者になるためには、自分に何が足りないかを客観的に知り、知識・技術の向上に努め続けることが必要だと、私たちは考えます。このスター制度は、眉のプロとしての実力を試し、本物の証を得るために実施しています。ブロウティストとして成長を止めないことは、サロンの顧客満足度、リピーターの増加、売り上げの向上に必ず貢献するはずです。

受験資格/主な合格要件

受験資格/4starを取得していること
目元を基に、コンプレックスを解消できる、整顔眉のメイク知識、技能を習得し、目元を自由にコントロールできる、最高峰ブロウティストとして活躍できる実力があること

受験資格/3starを取得していること
眉学〜顔分析、応用デザイン理論知識が十分であること。また、整顔眉に基づいた課題とテーマ、全アイブロウメイクパターンが制限時間内で表現できること

受験資格/2starを取得していること
上級デザイン理論知識が十分且つ顔の印象を瞬時にコントロールできるデッサンカ、それを制限時間内で表現するデザインカ、お客様への提案力が身についていること

受験資格/1starを取得していること
アイブロウワキシングケアの応用知識が十分であること。整顔眉のデザイン基礎理論を習得し、テーマによるアイブロウデッサンが制限時間内で表現できる技能があること

受験資格/規定のコースを修了していること
アイブロウワキシングケアの十分な基礎知識があり、制限時間内に基本的な整眉施術を安全に行えること

受賞者の声

菊池照美さん

自分のレベルに合わせて、先生が教えてくれます
私は理容師として、女性のお顔そりをしています。専門学校での眉の基本は教わりましたが、お客様に眉の事を聞かれた時に、自分の知識が少ないことに気が付き、眉の事を勉強したいと思い、インターネットでJBSを知りました。講義は、眉のデザインや、フリーハンドで眉を描いていくなど、内容が濃いので、難しく感じましたが、解らないところは、自分のレベルに合わせて、先生が教えてくれますので、安心です。検定試験は、時間内に眉を仕上げることも入っていますので、実際の営業にとても役立っています。今後もJBSの眉の哲学をお伝えしながら、お客様自身が、自信をもって頂けるようにしていきたいと思います。

高原明美さん

JBSの誇りをもって、沢山の方に眉の大切さを伝えていきたい
JBSとの出会いのきっかけは、眉に興味があり、特に美を追求する美容師として、お客様に喜んで頂けるご提案ができればと、受講しました。福森先生の眉への熱い思い、哲学、デザインの分析力、専門的技術を磨く洗練されたカリキュラムどれも素晴らしい内容でした。検定試験では、前もって試験対策セミナーの開催と、試験合否通知で、全員への再確認すべき項目のチェック。そして、今後の課題について、1人ずつ詳しく丁寧にアドバイスを下さいます。サロン展開後のアフターフォローの充実も信頼できました。 今後JBSの誇りをもって、沢山の方に眉の大切さを伝えていきたいと思います。

森尾真美さん

専門的な勉強をしないとお客様の満足する眉は描けない
私は以前、メイクの勉強をしておりました。その時に眉がうまく描けずに挫折しました。眉が顔で一番重要なパーツだと言うことはわかっていたので、人の眉を描くのを避けておりました。しかし、25年経って、やっぱり美しい眉を描けるプロになりたいと思い、眉の勉強を始めました。人の顔には筋肉の癖、表情の癖があるので、専門的な勉強をしないとお客様の満足する眉は描けない。JBSは★から★★★★★までの段階の検定があり、検定を受ける度に、確実な施術の提供から、お客様の「なりたい自分」を演出できるプロとして成長していけるのを感じます。合格して、それで終わりではなく、福森先生を始め、インストラクターの方々、同じ志を持つブロウティストがフォローしてくださいます。